はじめに

Nuxt.js の環境を作成し、VisualStudioCodeVue, Nuxt.js を使用する環境を設定します。
前回の PHP の記事と同様に、コード補完やコード整形のツールをインストールすることで、開発効率やチーム開発の際に統一されたコードを構築することができます。

環境

1
2
3
4
Windows 10 Professional
Visual Studio Code 1.52.1
node 15.6.0
npm 7.4.0

Nuxt.js のプロジェクトのセットアップ

必要なソフトのセットアップ

node + npm のインストール

前提条件

  • Chocolately がインストールされていること
  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを実行します。
  2. 下記コマンドで nodist (node の様々なバージョンを切り替えられるソフト)を入れます。
1
choco install nodist
  1. Node のバージョンを切り替えます。
1
nodist dist

を実行すると、node のバージョンが一覧として出てきます。
今回は最新の、 v15.6.0 を選びます。

1
nodist 15.6.0

を実行します。
4. 次に、 npm のバージョンを切り替えます。

1
nodist npm 7.4.0

を実行します。
Node のバージョンによって、npm のバージョンは異なりますので、下記で確認しましょう。
https://nodejs.org/ja/download/releases/

yarn のインストール

  1. 下記コマンドで、yarn を入れておきます。
1
npm install --global yarn

参考: https://classic.yarnpkg.com/en/docs/install/#windows-stable

Nuxt.js のアプリケーションセットアップ

参考: https://ja.nuxtjs.org/docs/2.x/get-started/installation

  1. 下記でプロジェクトをセットアップします。
1
npm init nuxt-app webtools

今回は、 <project-name> の部分に、 webtools と入れて実行します。
yarn のコマンドの方だと、失敗したため npm でやりました。
2. 対話形式でプロジェクトの構成を聞かれるので、下記画像の通りにインストールしました。
nuxt-setup-01
3. 下記コマンドで、インストールできたかを確認します。

1
2
cd webtools
yarn dev

nuxt-setup-02

※エラー
yarn dev を実行後、下記のエラーが出ました。

1
listen EACCES: permission denied 127.0.0.1:3000

nuxt-setup-02-error
<対処方法>
私の環境ではどうしても原因が見つけられませんでしたので、nuxt.config.js で開発サーバのポートを変更しました。
下記を追加して、 8001 ポートでサーバを起動するようにしました。

1
2
3
  server: {
    port: process.env.NODE_ENV !== 'production' ? 8001 : process.env.PORT
  },
  1. 動作確認

Vue.js コード整形+補完ツールのセットアップ

セットアップ

  1. VisualStudioCode を起動します。
  2. Ctrl + Shift + P を押してコマンドパレットを開いて、「install extensions」を入力し拡張機能のインストールを選択します。
  3. 下記をインストールします。
  • vetur
    *.vue ファイルのシンタックスハイライト
  • prettier
    コード整形
  • ESLint
    Javascript の静的解析 vscode-vue-vetur
    vscode-prettier
    vscode-eslint
  1. Ctrl + Shift + P を押してコマンドパレットを開いて、「settings」を入力し基本設定(JSON)を開きます。

  2. 下記を追記します。
    参考にさせていただいたサイト様 https://qiita.com/TigRig/items/36ed8e062d1c32c12b63 https://gurutaka-log.com/nuxt-eslint-prettier#STEP1eslintrcjs https://wemo.tech/3307

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
"editor.formatOnSave": false,

// ESLint 
"eslint.autoFixOnSave": true,

  // ESLint  Vue.js 
  "eslint.validate": [
    "vue",
    "html",
    "javascript",
    "typescript",
    "javascriptreact",
    "typescriptreact"
  ],

// Prettier  ESLint 
"prettier.eslintIntegration": true,
// Vetur  Prettier 
"vetur.format.enable": false
"editor.defaultFormatter": "esbenp.prettier-vscode",
  1. 先ほど作成した、Nuxt.js のプロジェクトで下記を入れます。
1
yarn add --dev prettier eslint-config-prettier eslint-plugin-prettier
  1. 動作確認 Linter も動いていることが確認できました。 vscode-vue-format

eslintrc.js, .editorconfig, jsconfig.json, .prettierrc は下記にしています。

.eslintrc.js

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
module.exports = {
  root: true,
  env: {
    browser: true,
    node: true
  },
  parserOptions: {
    parser: 'babel-eslint'
  },
  extends: ['@nuxtjs', 'plugin:nuxt/recommended', 'eslint:recommended', 'plugin:prettier/recommended'],
  plugins: [],
  // add your custom rules here
  rules: {
    'prettier/prettier': [
      'error',
      {
        htmlWhitespaceSensitivity: 'ignore'
      }
    ],
    'vue/html-self-closing': [
      'error',
      {
        html: {
          void: 'always'
        }
      }
    ],
    'vue/singleline-html-element-content-newline': 'off'
  }
}

.editorconfig

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
# editorconfig.org

root = true

[*]
indent_style = space
indent_size = 2
end_of_line = lf
charset = utf-8
trim_trailing_whitespace = true
insert_final_newline = true

[*.md]
trim_trailing_whitespace = false

jsconfig.json

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
{
  "compilerOptions": {
    "baseUrl": ".",
    "paths": {
      "~/*": ["./*"],
      "@/*": ["./*"],
      "~~/*": ["./*"],
      "@@/*": ["./*"]
    }
  },
  "exclude": ["node_modules", ".nuxt", "dist"]
}

.prettierrc

1
2
3
4
5
6
7
{
  "printWidth": 120,
  "tabWidth": 2,
  "singleQuote": true,
  "trailingComma": "none",
  "semi": false
}