はじめに

これは2017/06/03 に作成した過去記事の移植です。

GitLabの環境構築

AmazonEC2のインスタンスを作成する。

1.AWSのアカウントを取得し、ログインをする。

2_1

2.EC2を選択する。

2_2

3.EC2を選択し、インスタンスを押す。

2_3

4. インスタンスの作成を押す。

2_4

5.Amazon Linux AMIを選択

2_5

6.無料利用枠のt2.microを選択。

2_6

7.GitLabにアクセスできるようにセキュリティグループを編集します。

2_7

8.HTTPとHTTPSを通すように設定します。

下図では、全てのIPからアクセスを許可していますが、必要であればIP制限しましょう。
2_8

9.キーペアを作成します。

2_9

10.作成中

2_10

11.起動中

2_11

12.起動完了です。

2_12

13.接続確認をするためにRLoginの設定をします。

2_13

また、SSH Identity Keyの参照を押し、先程ダウンロードしたキーペアを設定します。

14.ログインをしてみます。

2_14 ログインできていれば、インスタンス作成は完了です。

GitLab-CEのインストール

1.まずは、rootユーザになりましょう。

1
[ec2-user]$ sudo su

2.下記URLを参考に、GitLabを入れていきます。

https://about.gitlab.com/downloads/#centos6

1
[ec2-user] yum install curl openssh-server openssh-clients postfix cronie

必要なパッケージをインストールします。

3.postfix サービスの起動

1
[ec2-user] service postfix start

4.postfixを自動起動するように設定

1
[ec2-user] chkconfig postfix on

5.Gitlab CE本体の最新バージョンをインストール

1
2
[ec2-user]  curl -sS https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.rpm.sh | sudo bash
[ec2-user]  yum install gitlab-ce

6.swap領域の作成

502エラーになる場合   Gitlabを動かす要件として、メモリ1GB以上必要   (1GBでは動かないかもしれないので、2GB swap領域を作成) 

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
swapファイル作成  
[ec2-user] free -m
確認
[ec2-user] dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1024 count=2048k
2GBメモリ作成
[ec2-user] chmod 600 /swapfile
書き込み権限付与
[ec2-user] mkswap /swapfile
スワップ領域作成
[ec2-user] swapon /swapfile

7.Gitlabの初期設定 + 起動

1
[ec2-user] gitlab-ctl reconfigure

リバースプロキシなど設定する場合

/etc/gitlab/gitlab.rbを編集する ※リバースプロキシを設定する場合

1
2
3
4
5
external_url  'http://git.xxxxx.com' # urlの設定。今回はhttp
gitlab_rails['time_zone'] = 'Asia/Tokyo'

nginx['listen_addresses'] = ["0.0.0.0", "[::]"]
nginx['listen_port'] = 4080 # nginxをポート4080で受けるように設定

設定が完了したら再起動する。

1
[ec2-user] gitlab-ctl reconfigure

BASIC認証をつける場合

/etc/gitlab/gitlab.rb ※BASIC認証付ける場合 下を追加する

1
nginx['custom_gitlab_server_config'] = "auth_basic 'Restricted';\n  auth_basic_user_file '/usr/share/nginx/html/.htpasswd';\n"

設定を有効化

1
[ec2-user] gitlab-ctl reconfigure

8.日本語化を行う

8.1 Gitlabのバージョン確認
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
gitlab-rake gitlab:env:info

info
System information
System:  
Current User:   git
Using RVM:      no
Ruby Version:   2.3.3p222
Gem Version:    2.6.6
Bundler Version:1.13.7
Rake Version:   10.5.0
Redis Version:  3.2.5
Git Version:    2.10.2
Sidekiq Version:4.2.7

GitLab information
Version:        9.0.4
Revision:       63e052a
Directory:      /opt/gitlab/embedded/service/gitlab-rails
DB Adapter:     postgresql
URL:            http://ec2-52-38-78-13.us-west-2.compute.amazonaws.com
HTTP Clone URL: http://ec2-52-38-78-13.us-west-2.compute.amazonaws.com/some-group/some-project.git
SSH Clone URL:  git@ec2-52-38-78-13.us-west-2.compute.amazonaws.com:some-group/some-project.git
Using LDAP:     no
Using Omniauth: no

GitLab Shell
Version:        5.0.0
Repository storage paths:
- default:      /var/opt/gitlab/git-data/repositories
Hooks:          /opt/gitlab/embedded/service/gitlab-shell/hooks/
Git:            /opt/gitlab/embedded/bin/git
8.2 バージョン確認後、下記URLにアクセス

https://github.com/ksoichiro/gitlab-i18n-patch

8.3 バージョンに沿ったパッチをインストールする
1
2
3
4
5
[ec2-user] wget https://raw.githubusercontent.com/ksoichiro/gitlab-i18n-patch/master/patches/v9.0.4/app_ja.patch
[ec2-user]  cd /opt/gitlab/embedded/service/gitlab-rails
[ec2-user] patch -p1 < ~/app_ja.patch
patch が入っていない場合、
[ec2-user] yum install patch -y

etc. Apacheと連携する際のリバースプロキシ設定

httpしか使わない場合の設定

/etc/httpd/conf.d/vhost.conf

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot /var/www/html/gitlab.k-bushi.com
    ServerName gitlab.k-bushi.com
    AllowEncodedSlashes On
    CustomLog      logs/gitlab.k-bushi.com.access.log combined
    ErrorLog       logs/gitlab.k-bushi.com.error.log
    ProxyRequests off
    ProxyPass / http://127.0.0.1:4080/
    ProxyPassReverse / http://127.0.0.1:4080/
    ProxyPass /assets http://127.0.0.1:4080/assets
    ProxyPassReverse /assets http://127.0.0.1:4080/assets
    <Directory /var/www/html/gitlab.k-bushi.com>
        AllowOverride All
        Options FollowSymLinks
        Require all granted
        DirectoryIndex index.php index.html
    </Directory>
</VirtualHost>

Gitlabアクセス

gitlab

gitlab.k-bushi.comは、前回記事で書いたように、 Apacheからのリバースプロキシで、nginxにリクエストを流している。